データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





FAの増井、オリックス移籍決定で人的補償のプロテクト28人を予想。誰を守り、誰を失う?

2017/12/01

text By

タグ: , , ,



■捕手
 

 捕手は若月・伊藤の主力2人のみをプロテクトした。日本ハムは今季途中にDeNAからトレードで黒羽根利規を獲得し、その他にも市川友也・清水優心・大嶋匠などが控えているため、12球団の中でも比較的捕手層は厚い。正捕手の大野奨太はFA権を行使しており、移籍が濃厚となっているが、オリックスから新たに捕手を獲得する可能性は低そうだ。
 
■内野手
 

 
 今季はドラフトで清宮幸太郎の獲得に成功し、その他にも若手からベテランまで、多くの内野手が所属している日本ハム。各ポジションで既にレギュラー争いが繰り広げられており、オリックスから選手を獲得する可能性は低いだろう。
 
 そのため、安達・大城・宗・西野といった二遊間の主力メンバーのみをプロテクトし、高年俸のベテランである中島宏之・小谷野栄一はプロテクト外とした。
 
 日本ハムは若手を育て上げて戦力にするチーム方針のため、ベテラン内野手の小谷野・中島を獲得する可能性は低いと考えられる。また、その他の選手も実績に乏しいため、上記の4人以外はリストから外した。
 
■外野手
 

 
 1軍で主力として活躍しているT-岡田・駿太・吉田正尚、成長が期待される武田・杉本を選出した。日本ハムでは松本・岡・谷口・西川などがレギュラー争いを繰り広げており、新たに外野手を補強する必要性も低いことから、宮崎・小田・吉田雄らはリスト外とした。

スポンサードリンク

1 2